アリス福祉会  ネット販売

手工芸品・ファッション小物を販売しています。

古本をクリーニングして販売しています。

アリス福祉会 展示販売所

*倉敷イオン2F [273]

 福祉の店『あゆみ』

 住 所:倉敷市水江1

 電 話:086-426-8668

 開店時間:10:00~16:00

 

健康福祉プラザ(笹沖)

 住 所:倉敷市笹沖

        180番地

 電 話:086-434-9850

 

*メレンゲ

 住 所:倉敷市帯高

      617-58

 電 話:086-428-6311

 開店時間:11:00~18:00

 定休日 :毎週月・火曜日

≫事業所移転のお知らせ

2015年12月1日(火)事業所が、北畝から広江に移転しました。詳しくは法人案内をご覧ください。

グリーンカーテン成長記録

↓写真をクリックすると、大きな写真が見られます(^_^)

2016’10’4

 

グリーンカーテンは雨にも負けず風にも負けず、まだまだ新しい実がなっています!台風も近づいてくる様ですが、無事に収穫できることを祈ります。

2016’9’28

 

時計草の苗から収穫したパッションフルーツの実、試食してみました!

半分に割った中の果肉はブドウみたいな味、種に付いてる果肉をすするようにして食べるとジューシーでした。常温だったので冷やして食べるとまた違った味わいがあるのかもしれません。

2016’8’1

 

時計草が立派な実を付けました!

人工授粉が成功したようです。

きっと朝夕の水やりや、つるの誘導などこまめな世話の成果ですね。

2016’7’7

 

時計草、咲きました!

午前中に開花して翌朝にはしぼんでしまっています。一度咲くとその花は終わり、同じ花が何度も咲くこともないようです。

確実に実がなるよう人工授粉も挑戦しています!

2016’6’10

 

岡山市エコ技術研究会の協力をいただき設置したグリーンカーテン。

焼却炉の溶融スラグを利用したロックウールをベースに、土はほとんど入っていません。

倉敷市ではグリーンカーテン用に「ゴーヤ・アサガオの種」を今年も配布していましたが、アリス福祉会ではパッションフルーツの苗で挑戦です! 

 

パッションフルーツ

~葉で涼を・花では癒しを・実は食べて!~

 

存分に堪能できるようお世話をしていきます!

岡山市エコ技術研究会の皆様、ご協力ありがとうございます!

パッションフルーツ・時計草の名前の由来

 

時計草は南米原産の植物で、非常に特殊な花を咲かせます。日本では三つに分かれたおしべを時計の針(長針・短針・秒針)に見立ててこの名前がつきました。

また時計草英名はパッションフラワー。時計草の実、つまりパッションフラワーの実が「パッションフルーツ」ということです。 

 

英名の由来は南米に派遣されたイエズス会の宣教師は時計草を見て、アッシジの聖人フランチェスコ(フランシスコ)が夢で見た「十字架の上の花」と考え、「パッションフラワー(キリストの受難の花)」としてキリスト教の布教に利用しました。 当時は全ての動植物は神が作ったもので、徐々に環境に合わせて進化するという考えはありませんでした。なので奇妙な容姿であればあるほどに宗教的意味を持たせやすかったのかもしれません。

名前の由来などはこちらのサイトを参考にさせていただきました。